SCSI の 終端抵抗に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

終端抵抗

読み方、または別称:しゅうたんていこう

終端抵抗(しゅうたんていこう)とは、ターミネータとも呼ばれるが、コンピュータや無線機器のケーブルの末端に取り付けられる抵抗器で、ケーブル末端の抵抗器で高周波信号のエネルギーを意図的に消費させる。なお、取り付けなくても機器の利用は可能だが、実際には動作が不安定になるなどの問題が発生する。
例えばSCSI ターミネータは、ケーブル末端での信号の望ましくない反射を防ぐためにケーブル末端の終端抵抗器で高周波信号のエネルギーを消費させる。
類似部品として、トランシーバー等の無線送信機の調整にアンテナの代わりに無誘導抵抗器を取り付けることがあり、これをダミーロードと呼ぶが、特性インピーダンスが50Ωのものが一般的である。
無線送信機の送信電力は物理的に熱に変換されるので、終端を開放すれば電流は流れないので安全と考えるべきではない。ケーブルの状態によっては出力機器をショートした場合と同じ状態になり、異常な高電圧が発生したりする可能性があるため、機器を破損する恐れがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る