ストレージ用語辞典 の 磁気ディスクに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

磁気ディスク

読み方、または別称:じきでぃすく

磁気ディスク(Magnetic disk)とは、磁性体を塗布した円盤を回転させてデータと記録を行う記録媒体でいわゆるハードディスクドライブのことである。
磁気を帯びる性質を持った磁性体を円形のディスクに塗布、もしくは蒸着して磁性層を作り、そのディスクを回転させながら電磁石から発する磁束でこの磁性体を磁化して情報を記録する。
つまり、CDなどの場合はこの磁性体に当たるのがレーザピットであり、LPレコードで言えば針がトレースする溝にあたる。磁気ディスクの場合、データの読み書きはディスクに接する磁気ヘッドで行われ、磁気ディスクの基材の表面は、磁性層は下層や保護層などがあり、多層構造になっている。
高密度記録製品で正常な読み書き動作を行うためには、磁気ヘッドと磁気ディスクの間の望ましい間隙の維持が重要で、磁気ディスク表面の優れた平滑性が必要である。因みに、例えば初期のデジタルカメラでは磁気ディスクにアナログ記録を行うものもあったが現在では全てデジタル記録方式になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る