権利保護 の 知的所有権に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

知的所有権

読み方、または別称:ちてきしょゆうけん

知的所有権とは知的財産権(Intellectual Property Right)と同じことで、土地や建物あるいは自動車などのような有形の財産に対して、形がない財産で、特にアイデアとか特許が認められるような発明や技術などの功績とそれを所有する権利が保証されている。
知的所有権は、知的創作と営業上の標識(商標・商号等、イメージ)、および、営業上・技術上のノウハウなど、有用な情報に大別される。
万国共通で法律で定められている知的所有権には、産業財産権があり、つまり特許権である。また、実用新案権、意匠権、商標権も知的所有権が発生する。
さらに、著作権 があり、細かく分けると複製権、上演権、演奏権、上映権、公衆送信権、口述権、展示権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権、翻案権がある。なお、著作隣接権として、実演、レコード、放送、有線放送などがある。いずれの知的所有権も法律で保護されている目には見えない財産として認められている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る