コンピュータシステム の 直子の代筆に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

直子の代筆

読み方、または別称:なおこのだいひつ

直子の代筆(なおこのだいひつ)とは、株式会社テグレット技術開発が開発、販売、Webサービスを提供している自動文書作成機能である。1987年にMS-DOS版が発売され、現在でもWindows版や無料ネット版がある。
直子の代筆では、ビジネス用の文書や結婚式のスピーチのための文章を対話形式で質問に答えることで自動的に生成できるサービスのことである。書式のルールが分からない場合や、結婚式の招待状を送りたいが、どのような言葉を選べばいいか分からない、文例集だけでは作りきれないと言った場合など、幅広い文書を生成することができる。
生成される文章は質問の答えにより変わり、性別や作成時期により文体なども変化する。生成される文章のバリエーションは組み合わせにより数億通りにもなる。Webサービスは1996年からサービスが開始され、月間80万人近くのユーザに利用されている。こちらは無料で利用ができる。
直子の代筆はWindows版がパッケージで販売されており、一部ソースネクストより販売されている。Windows版ではテンプレートのカスタマイズが可能である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る