基盤技術 の 発光ダイオードに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

発光ダイオード

読み方、または別称:はっこうだいおーど

発光ダイオードとは、電流を流すと発光する半導体素子のことである。LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)とも呼ばれる。発光ダイオードは、一般的なダイオードと同様の極性を持っており、アノード(anode)とカソード(cathode)の2つの端子があり、アノードに正、カソードに負の電圧をかけると、数ボルトの電圧で電流が流れて発光する。
以前は発行する色は赤、緑、オレンジだったが、最近になって青色ダイオードが実用化されたため、赤・青・緑の光の三原色が揃い、これにより組み合わせで白色を含む様々な色の光を作ることができるようになり、フルカラーの表示装置や照明、光ディスク装置のヘッドなどの用途が拡大している。
発光ダイオードは、半導体を用いたpn接合と呼ばれる構造で作られており、発光はこの中で電子の持つエネルギーを直接、光エネルギーに変換することで行われるため、熱や運動の介在を必要としない。
発光ダイオードは低消費電力で長寿命の上、小型であるため数多くの電子機器に利用されており、特に、携帯電話のボタン照明などに採用されている。また、赤色や黄緑色の高輝度タイプのものが実用化された後は、屋外の電光掲示板、さらに駅の発車標などに使用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る