構造 の 画素に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

画素

読み方、または別称:がそ

画素とは画像を構成する点(素)のことで、英語ではピクセル (pixel) である。画素は印刷媒体では網点に相当するが、コンピュータでは連続的な値を扱えないので、画像なども量子化して扱わなければならない。
この画像などの量子化の際に分割して出来た1つの点を、JISでは画素と言い、英語ではピクセルと言う。すなわち、コンピュータのディスプレイなどで、例えば、640×480ピクセルと示されている場合は、その画像には1インチ四方の中に横640個、縦480個の点が並んでいることを示している。
したがって、画素はコンピュータでの画像では色調や階調などの色情報を持つ最小単位、最小要素である。
なお、ドットと言う表現がしばしばピクセルと同じように使われるが、ドットは印刷媒体と同じように目で見ることができる物理的な点情報である。例えば320×240ピクセル画像の100%表示は320×240ドットで、200%表示では640×480ドットになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る