コンピュータの形態 の 画像に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

画像

読み方、または別称:がぞう

画像とは2次元平面上に書かれた絵のことをいい、描くものによって静止画と動画がある。静止画とは、デジタル画像やコンピューターグラフィックから生成された絵などが主なものであり、自動的や半自動的な画像の処理向いている点に特徴がある。
デジタル画像とは、ピクセルというデジタル値を有限個並べたものであり、一般にラスターイメージを指し示し、デジタルカメラやイメージスキャナを用いてさまざまな手法により取得する。
コンピューターグラフィックとはコンピューターを用いて描く絵のことであり、かつては、ラスターグラフィック(画像)とベクターグラフィック(図形)という区分に分けられていたが今はあまり用いられない。ラスターグラフィックのことをビットマップ画像ということがある。
動画とは静止画と対極的な意味を持つ言葉で、静止画を連続して再生すると動いて見えるファイ現象を利用したものである。19世紀にフェナキスティスコープが発明され、1891年にはトーマスエジソンがキネストスコープの特許の取得をした。テレビの発明、ユーチューブなどのサイトにより動画はますます身近なものになっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る