インターネット用語辞典 の 特許電子図書館に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

特許電子図書館

読み方、または別称:とっきょでんしとしょかん

特許電子図書館(とっきょでんしとしょかん)とは、特許・実用新案・意匠および商標などの産業財産権関連の無料データベースのことである。運営は、独立行政法人工業所有権情報・研修館。英語表記ではIndustrial Property Digital Library。略称はIPDLになる。
保有している情報は5,500万件以上。特許庁が発行している産業財産権関連の公報や審査、権利の状況など。審判の審決も検索することができる。1999年3月に特許庁によって開設され、2004年10月以降は独立行政法人工業所有権情報・研修館が運営している。
また各国の特許庁などさまざまなデータベースを提供しているのも特徴である。 独立行政法人工業所有権情報・研修館(こうぎょうしょゆうけんじょうほう・けんしゅうかん)とは、経済産業省所管の独立行政法人のことで、工業所有権の保護に関するパリ条約第12条において公報などの閲覧を行う中央資料館として位置している。
現在は公報などの閲覧業務以外にも工業所有権相談業務や情報流通業務など多くの業務を行っている。特許電子図書館もそのひとつである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る