OSI参照モデル の 物理層に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

物理層

読み方、または別称:ぶつりそう

物理層(ぶつりそう)とは、モデムDSUの制御を行い、WANLANなどの通信回路を介し、ビット単位で信号を伝送する。よって、伝送媒体上にてビット転送するための物理コネクションを確立・維持・解放する電気・機械・手続き的手段を定義する。
そしてこれらは、OSI参照モデルにおける第一層となる。OSI参照モデルとは、コンピュータが持つべき通信機能を、階層構造に分割したモデルのことで、通信機能は7つの階層に分けて定義されている。1977年から1984年にかけて定義されたOSIのための策定であったが、OSI自体は普及せず、OSI参照モデルが広く参照された。
よって、ISO 7498として規格化され、後にITU-TではX.200、JISではJIS X5003として同じ内容を定義している。ただし、本来はOSI準拠製品用であるため、OSI以外の通信プロトコルOSI参照モデルに準拠して作られたわけではない。OSI参照モデルは、第1層を「物理層」とする。
第2層を「データリンク層」、第3層を「ネットワーク層」、第4層を「トランスポート層」、第5層を「セッション層」、第6層を「プレゼンテーション層」、第7層を「アプリケーション層」とする。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る