情報科学 の 物理アドレス拡張に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

物理アドレス拡張

読み方、または別称:ぶつりあどれすかくちょう

物理アドレス拡張(Physical Address Extension、略してPAE )はアドレス空間の拡張機能で、すなわちインテル社のP6マイクロアーキテクチャで追加された32ビットCPUで4GiB以上のメモリを扱う技術であり、Pentium Proとそれ以降およびその同世代の互換プロセッサで利用できる。
PAEを使用するとことで、IA-32アーキテクチャのアドレスラインの32ビットを36ビット以上のメモリ空間にまで拡張できるので、IA-32の標準では最大4GiBまでしか使用できなかった物理メモリ空間が最大で64GiB以上の使用が可能になる。
ただし仮想アドレス空間は4GiBのままで、ページテーブルのエントリを32ビットから64ビットに拡張することで物理メモリ空間にアクセスする。
したがって、ページサイズは4KiBで、ページテーブルのサイズは1ページのままなので、ページテーブルのエントリの数は一段につき1024から512になる。それゆえ、これを補うために、PAEでは、理論上4つのエントリを持ったページテーブルが最上位に1段追加されることになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る