パソコン用語辞典 の 活線挿抜に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

活線挿抜

読み方、または別称:かっせんそうばつ

活線挿抜(かっせんそうばつ)とは、パソコンなどの電子機器の電源が入ったままの状態で接続したり、または取り外すことである。周辺機器の付け外しだけでなく、主要部品や接続ケーブルなどを付け外しすることも含まれる。
通電した状態のままで機器の交換などを行うことをホットスワップと呼ぶことがあるが、これとほぼ同義である。
大型コンピューターやサーバーなどのシステムでは連続稼働していることが前提となるため、機器や部品の交換時に電源を落とすことができない。そのため、活線挿抜によって通電状態のままハードディスクなどの部品を交換する必要がある。
このように、元々は大型コンピューターやサーバーなどのシステムで利用されてきた活線挿抜であるが、現在では個人で利用するパソコンであってもUSBやIEEE1394などの規格で接続されている機器類はホットスワップに対応しているため、活線挿抜が可能になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る