開発環境 の 機械語に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

機械語

読み方、または別称:きかいご

機械語(きかいご)は、マシン語とも言うが、コンピュータ内のCPUが理解し、実行できるプログラミング言語であり、1と0の2つの値の電気信号の集まりである。
かつて、コンピュータには機械語以外のプログラミング言語がなく、プログラムを組むためには機械語を直接コンピュータに入力する時期があった。しかし、技術が進歩した現在では、人が機械語を読み書きする場合は、バイナリエディタなどを利用することが多い。
コンピュータのセントラルプロセッサは機械語のプログラムを読み取り、それを解析し、実行して出力をする一連の処理を行う。つまり、すべてのプログラミング言語で書かれたプログラムは、最終的には機械語で実行される。
なお、以前は機械語を利用する理由として、ニーモニックを機械語に変換するアセンブラが手許にないので、クロスアセンブラのため別のコンピュータが必要な場合があったが、現在では普通にコンピュータを使うレベルの人ならば機械語を使わなくても十分にコンピュータは高性能になっている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る