コーディング の 構造化プログラミングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

構造化プログラミング

読み方、または別称:こうおずかぷろぐらみんぐ

構造化プログラミングは、コンピュータのプログラム上の処理をいくつかの単位に分けて、メインでは大まかな処理を行い、サブルーチンで細部を処理していく方法で、1967年にエドガー・ダイクストラたちが提案した。
なお、構造化プログラミングには、このように全体的な機能から詳細機能へと順に開発するトップダウン式と、小さな機能をまとめてから大きな機能単位をつくるボトムアップ式がある。
使用される構造化言語はCやPascalといったいわゆるALGOL系の言語であるが、オブジェクト指向でも、基本的な処理の流れは構造化と変わらない。
構造化プログラミングの順次はプログラムに記された順に、逐一忠実に処理を行なっていく。また、一定の条件が満たされている間は処理を繰り返し、さらにある条件が成立する場合は処理を、そうでなければ別の処理を行なう。以上の三つの論理構造を元にして、サブルーチンに機能を抽象化するのが構造化プログラミングである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る