データベース の 構造体に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

構造体

読み方、または別称:こうぞうたい

構造体(structure)とは、いろいろな種類の互いに関連するデータをまとめて1つのかたまりにしたもので、例えば「氏名・年齢・性別などのデータを1人分だけまとめたもの」といったようなものをいう。
構造体は、プログラミング言語におけるデータ型の1つであり、1つもしくは複数の値をまとめて格納できる型のことで、C/C++などでサポートされている。Visual Basicのユーザ定義型や、PascalやAdaのrecord型が構造体に相当する。
構造体を扱うには、その型枠をまず始めに宣言する必要があり、Cでは“struct”というキーワードを用いる。そして、その型枠を型とする変数を宣言する形で構造体の実体(オブジェクト)を宣言する。構造体を構成する要素を「メンバ」(member)あるいは「メンバ変数」などと呼ぶ。
オブジェクト指向言語では、より純粋なオブジェクト指向を目指して削除されることも多いが、構造体がない言語では、クラスで代用される。逆にオブジェクト指向言語でないCなどでオブジェクト指向プログラミングを模倣するために構造体を使うこともあり、標準ライブラリのFILE型がその典型的な例である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る