コンピュータシステム の 数値地図に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

数値地図

読み方、または別称:すうちちず

数値地図(すうちちず)とは、電子的に処理が可能な数値情報とし、記録した地図のことである。販売は、(財)日本地図センター。コンピュータシステムで表示・加工をすることを前提とし、CD-ROMで配布している。地理情報システムで分析する際、基礎データとなるものでもある。
CD-ROM版の数値地図の種類は、25000・50000・200000の地図画像、2500・25000の空間データ基盤、25000の行政界・海岸線と地名・公共施設の他に、総合や標高、火山標高などさまざまある。
例えば、地図画像の「数値地図25000」の場合。2万5千分1地形図をパソコンで扱いやすいように、1図葉ずつTIFF形式の画像データとしている。
データは、1画素を8ビットと表示し、カラーパレットとしている。その為、特定の項目のみを抽出したり、色彩表現を自由に工夫した地図を作ることができる。1枚のCD-ROMに20万分1地勢図の範囲が原則として収録されている。
また、平成14年2万5千1地形図図式の地形図が、平成15年11月に刊行され、数値地図25000(地図画像)データに対応したソフトウェアもダウンロードできる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る