コンピュータシステム の 政府統計共同利用システムに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

政府統計共同利用システム

読み方、または別称:せいふとうけいきょうどうりようしすてむ

政府統計共同利用システムとは、公的統計の基盤システムのことで、独立行政法人統計センターが運営している。日本政府が電子政府推進の一環として、その整備を進めてきた。また共通的・類似的に行われている各種統計関連業務を13のサブシステムで集約。
政府・公的部門の共通インフラとして、整備・利用されている。一般の利用は、インターネットから政府統計の窓口からサービス提供している。
電子政府とは、主にコンピュータネットワークやデータベースの技術を用いている政府のことで、そういった技術を利用することで、政府の改善や行政の効率化など民意の反映・説明責任の実行などを目指しているプロジェクトである。
もっとも単純な形態として、イントラネットの導入がある。より複雑な技術的、組織的な取り組みを伴うものは、行政サービスの提供をオンラインで行うものもある。これは、一般市民に対し住民票を提供するものや、行政が管轄下の事項に関する各種の申請手続きを電子的にするなど、いくつかの方法がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る