パソコン用語辞典 の 放熱板に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

放熱板

読み方、または別称:ほうねつばん

放熱板(heat sink)とは、機械や電気部品の熱を下げることを目的に、熱の放散を行う部品のことである。主に、機械や電気部品に取り付けて使う。他に、放熱気と呼ぶこともある。放熱板の素材は、アルミや銅などといった熱を伝導しやすいものを使用することが多く、その用途に合わせて、数ミリの大きさのものからメートル単位のものまで、様々な大きさや形状が存在する。
広く使われているのは、アルミの押し出し成型で作られている大量生産のもので、これは製造コストが安く付くためである。放熱板の性能は、温度の伝えにくさを示す熱抵抗によって表される。この熱抵抗の値が小さいほど、熱が伝わりにくい、つまり放熱板の性能が高いことを示している。
このような熱抵抗は、放熱板の大きさや形状に左右されるため、表面積を広くした形状に成型するなどして、その性能を上げている。また、自然冷却だけでは熱の冷却能力が不足する場合は、冷却能力を拡大させるためにファンなどを取り付け、強制的に空気の移動量を増やすようにすることもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る