メモリ の 揮発性メモリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

揮発性メモリ

読み方、または別称:きはつせいめもり

揮発性メモリ(きはつせいメモリ)とは、電源を供給しないことには記憶している情報を保持することができないメモリのことである。コンピュータで使われ、さまざまな種類がある。対義語として、「不揮発性メモリ」がある。
これは、電源を供給せずとも情報を失うことがないメモリのことである。主記憶装置の大半は、この揮発性メモリを用いている。記憶を失わせないためには、電源を常に供給しなければならない。SRAMを用いたデータ保持には、バッテリーバックアップを採用し、主電源が断たれた場合でも、機器に内蔵されている電池で長期の情報維持を可能にするものもある。
揮発性メモリには、「RAM」「ダイナミックメモリ(DRAMやウィリアムス管)」「スタティックメモリ」「遅延メモリ」などがある。RAMの大部分は揮発性メモリとなる。ダイナミックメモリは、原理的に揮発性となる。EDO DRAMやSDRAM、DDR DRAMなどがある。
スタティックメモリはSRAM、遅延メモリは水銀遅延線となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る