情報科学 の 技術的特異点に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

技術的特異点

読み方、または別称:ぎじゅつてきとくいてん

技術的特異点(Technological Singularity)とは、未来研究の分野で人類の技術開発の歴史から推測して得られる未来のモデルの正確で信頼できる最大限の限界のことである。
すなわち、高度な人工知能や人間の知能の増幅が可能になったときが技術的特異点になると考えられている。
未来科学者は、技術的特異点の後では科学技術の進歩は人類によってではなく極めて高度な人工知能であり、そうなると人類の過去の傾向に基づいた変化の予測モデルは通用しなくなると考えられている。
この概念は、数学者のヴァーナー・ヴィンジと発明者で未来科学者のレイ・カーツワイルにより示されたが、科学技術の進展の速度が人類の生物学的限界を超えて加速されると予言している。カーツワイルはこの加速がムーアの法則のような技術革新の指数関数的傾向に従うと考えているが、これは適訳かどうかはともかく、加速見返りの法則(Law of Accelerating Returns)と呼ばれている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る