IT産業用語辞典 の 情報処理推進機構に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

情報処理推進機構

読み方、または別称:じょうほうしょりすいしんきこう

独立行政法人情報処理推進機構(どくりつぎょうせいほうじん・じょうほうしょりすいしんきこう)は、英語名がInformation-technology Promotion Agency, Japan、略称IPAで、日本国内でのIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された。IPAの目的は、日本のソフトウェア分野における競争力の総合的な強化を図ることで、2004年(平成16年)1月5日に情報処理の促進に関する法律によって設立され、それまでの情報処理振興事業協会の業務を引き継いでいる。
したがって、IPAではその設立の趣旨を踏まえ、コンピュータウイルスやセキュリティに関係する調査・情報提供や、中小コンピュータソフトベンダーの債務保証事業などのソフトウェア開発補助事業を行っている。
また、優れたプログラマの発掘のための、未踏ソフトウェア創造事業、若年の開発者を対象とした未踏ユース制度などの人材育成事業も行っている。なお、情報処理技術者試験を実施している情報処理技術者試験センターも、IPAの組織である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る