情報科学 の 形態素解析に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

形態素解析

読み方、または別称:けいたいそかいせき

形態素解析(けいたいそかいせき、Morphological Analysis)とは、コンピュータなどの計算機を用いた自然言語処理の基礎技術のひとつで、かな漢字変換などにも応用される。情報源は、対象言語の文法知識や、辞書など。これらを用いて、自然言語で書かれた文を形態素の列に分割し、それぞれ品詞を判別する作業を指す。
日本語の代表的な形態素解析の手法は、おおまかに言うと文から切り出した単語が属する品詞を辞書で調べ、結果得られた品詞の並びから文法的に正しい並びであるものを正解とする方法をとる。一般的に多くの自然言語には品詞接続に制限がある。
例えば、日本語では動詞の後に格助詞がくることはできない、ということである。この性質を利用することで、単語の境界判別を行う。具体的には、「規則による方法」と「確率的言語モデルを用いる方法」の大きく2つがある。
「規則による形態素解析」は、前提として漢字で書かれた部分は基本的に切り分けない。それは、そこが自立語になると想定しているからである。よって、漢字で書かれた自立語の辞書は持たない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る