ネットワーク制御 の 帯域圧縮に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

帯域圧縮

読み方、または別称:たいいきあっしゅく

帯域圧縮とは、データ圧縮のひとつで、通信路の帯域幅を削減する効果を得る圧縮ということで呼ばれている。しかし、基本的なことはデータ圧縮と同じである。あるデータをそのデータの実質的な性質を保ったまま、データ量を減らして別のデータへ変換する。
主な目的は、データ転送におけるトラフィックやデータ蓄積に必要な記憶容量の削減となる。帯域圧縮に関しては、アナログ技術を用いた通信技術において呼ばれる名称である。データ圧縮には、可逆圧縮と非可逆圧縮に大きく分けられる。
また、バイナリデータを対象にしたデータ圧縮方式の中では、複数のファイルをひとまとめにできるようにするアーカイブ機能を兼ね備えたものもある。
ちなみに、可逆圧縮データ復元の際に完全に元に戻る圧縮方法のことを言い、非可逆圧縮データ復元で完全に元に戻らない圧縮方法のことを言う。非可逆圧縮は、人間があまり認識しない成分を削除し、データ圧縮する方法がとられている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る