専用線 の 専用線に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

専用線

読み方、または別称:せんようせん

専用線とは、ある特定の二地点間を結ぶ専用回線のことである。企業などが自社専用の通信回線として拠点間のコンピュータネットワークを接続したり、インターネットに接続したりするためのもので、主に電気通信事業者が提供する特定顧客専用の有線・無線通信回線である。料金は通信速度や距離、品質などに応じて月額固定料金制となっている場合が多い。
専用回線は、二地点間のものだけではなく、星型・分岐型の構成も可能であり、専用の通信線路や電波周波数帯域を用いるとは限らず、他の回線と多重化されているものの方が多い。専用線は、公衆網の途絶時も確保しなければならない通信や、改竄・盗聴を防止しなければならない通信のセキュリティを確保するため、警察電話・消防電話・鉄道電話・電力保安通信線・水運用電話などの重要通信のため、銀行など金融機関のオンラインシステム(現金自動預け払い機 (ATM) など)のような金銭取引などのために利用される。
狭義での専用線は、電気通信事業者が提供する特定顧客専用の通信回線のことをいうが、特に利用者自身で設置するものを私設線といい、固定電話やISDN網など加入者間で相手先を任意に変更できるものを公衆網と呼ぶ。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る