情報の表現用語辞典 の 実行ファイルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

実行ファイル

読み方、または別称:じっこうふぁいる

実行ファイル(Executable、Executable file)とは、コンピュータがプログラムとして解釈実行できるファイルのことで、多くの場合特定のCPU機械語を格納したバイナリ形式を指す。実行形式ファイル、または実行形式とも呼ばれている。ファイルが実行ファイルであるかどうかは、主に規約の問題で、OSによって実行ファイルであることを示すファイル名の規約がある。
例えば、拡張子は“.bin”“.exe”など。また、ファイルのメタデータで実行ファイルであるかどうかを示すこともできる。実行ファイルには、特定のOSのシステムコールを呼び出すコードが含まれていることもあり、プロセッサ固有だけなら、OS固有でもあることになる。
最近では、ソースファイルと実行ファイルの違いが曖昧になりつつあり、ソースから実行形式へ変換することが暗黙の了解となっている。厳密に言えば、インタプリタ型言語用のファイルは、実行ファイルが解釈する命令を与えるものである。
ちなみに、ソースファイルとはソースコードのことで、ソフトウェアの元となる一連の文字の羅列のことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る