情報科学 の 字下げに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

字下げ

読み方、または別称:じさげ

字下げはインデント(indentation)と言うほうが通用するが、文章を書く時に書き出しの行の頭を周りの文頭よりも1字下げることである。つまり、縦組みなら下に1文字、左から書きはじめる通常の横組みなら右に1文字、右から左に書くアラビア語などでは左に1文字寄せる。
必ずしもではないが、日本語その他の多くの言語では、文章を書く場合、新しい段落の最初の行の頭を字下げするのが慣習になっている。
コンピュータプログラミングでの字下げはプログラムの構造をわかりやすくするためになされるが、通常での字下げは見た目以外に特別な意味は無く、したがって、コンパイラインタプリタは字下げを無視する。ただし、Python言語の場合は字下げによりプログラム構造の解釈が決定される。
なお、字下げスタイルまたはインデントスタイルは、プログラムの構造を分かりやすくするために、コードのブロックの字下げをどうするかを決めるもので、字下げスタイルはプログラミング作法の一つである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る