ストレージ用語辞典 の 外部記憶装置に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

外部記憶装置

読み方、または別称:がいぶきおくそうち

外部記憶装置(がいぶきおくそうち)とは、記憶装置のひとつで、安価で大容量かつ不揮発生や可搬性がある。スピードは遅いが、情報を永続的に保存しておくには、外部記憶装置は非常に役に立つ。補助記憶装置(ほじょきおくそうち)ともいう。
分類としては、主記憶装置以外の記憶装置がこれにあたり、不揮発生や可搬性などは分類というよりかは個々の属性になる。構成は、電子媒体と駆動装置による。前者はデータを保持するもの、後者は読み書きを行うものである。
別名ストレージともいう。また、アクセス方式や設置場所、記憶媒体の取り外しの可否などで分類でき、データアクセス方式がシーケンシャルアクセスのものとランダムアクセスのものとで分けられる。また、コンピュータ内部に取り付けられるものと、外部にも分かれ、これらには記憶媒体が簡単に取り外せない補助記憶装置とりムーアブルメディアに分けられる。
書き込み・読み書きどちらも行えるものがあれば、消去は不可だが書き込みのみ行える追加型、他にもROM型などいくつかに分類される。外部記憶装置は、紙テープやパンチカード、磁気テープや磁気バブル、コアメモリ、ドラムメモリなどに大別できる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る