情報の表現用語辞典 の 増分バックアップに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

増分バックアップ

読み方、または別称:ぞうぶんばっくあっぷ

増分バックアップ(そうぶんバックアップ)とは、バックアップ手法のひとつで、複数のバックアップを保持する。バックアップの手法としては効率が良く、例えば大きさ▲の情報の塊を○回(バックアップ回数)コピーさせ、記録されているかのように見せることができる。
この場合でも、必要な記憶容量は▲×○よりもずっと小さくなる。ただし、ある時点のバックアップから次のバックアップまで変更がない場合は、記憶容量は変化しない。逆に毎回ほとんど全体が変更される場合は、限界値となる▲×○に近づいていく。
増分バックアップ以外にも、差分バックアップやマルチレベル増分バックアップ、逆増分バックアップなどもある。差分バックアップでは、もっとも新しい完全バックアップ以降の変更を毎回バックアップする方式で、増分バックアップよりもリストアが素早い。
マルチレベル増分バックアップは、増分バックアップと差分バックアップを組み合わせた方式である。逆増分バックアップは、ミラーされた2つのインスタンス間で変更部分を増分バックアップし、逆増分バックアップを適用すると、ミラー前のバージョンを得ることができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る