情報科学 の 型推論に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

型推論

読み方、または別称:かたすいろん

型推論(かたすいろん)とは、プログラミング機能の1つである。静的型付けを持っている言語において、変数や関数の型を宣言せずに導くため使われたシグネチャなどから、自動的に型を決める機構のことである。関数型言語で用いられることが多く、推論に失敗するとエラー報告ができる。
その為、バグを回避することができ、記述をアルゴリズムに集中できるので、プログラミングの抽象度が上がる。これは、型推論のメリットとなる。代表的な型推論アルゴリズムは、Hindley/Milner型推論アルゴリズムである。Hidleyは論理学者として、型推論システムを先に開発している。
型推論を持っている言語は、主にHaskell、ML、Vala、C#、Scala、Objective Caml、D言語などがある。このように、静的型付け関数型言語のほとんどは、型推論の機能を持っていることになる。またほとんどの言語において、関数の仮引数および戻り値ローカル変数など、それらが持っているデータの種類を表す型を持っている。
ちなみに、実行時にならないと型が分からない言語は、動的型付けの言語という。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る