情報科学 の 型変換に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

型変換

読み方、または別称:かたへんすう

型変換(かたへんかん)とはプログラムで、あるデータの型を別のデータの型に変換することで、型変換には暗黙の型変換と明示的型変換がある。
暗黙の型変換は、はっきりと指定しなくてもコンパイラが判断して自動的に行う型変換であり、はっきりと明示的に指定して行う型変換は明示的型変換である。なお、暗黙の型変換では、ある数式の中に複数の型の変数がある場合、すべての変数は最上位の型に変換される。例えばC言語のコードでは、dとlとiは異なったデータ型なので、すべての演算は自動的に同じ型に変換された後に行われる。
ただし、暗黙の型変換では例えばdouble型の値をint型の変数に代入する場合、小数点以下の端数があったり、元の値がint型で表現できる範囲を超えていると、情報の一部が失われてしまう恐れがある。
基本的な型変換は、多くの処理系でコンパイラまたはプロセッサ内にあらかじめ定義されているが、ある型から別の型への変換をユーザが定義できる言語もある。例えばC++言語では、ある条件を付加すればユーザ定義の暗黙の型変換ができる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る