データ圧縮 の 圧縮に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

圧縮

読み方、または別称:あっしゅく

圧縮(あっしゅく)とは、データ圧縮のことを言い、あるデータとそのデータの性質を保ったまま、データ量を減らし別のデータに変換することである。高効率符号化とも呼ばれており、情報理論においては情報源符号化と呼称する。
データ圧縮には可逆圧縮と非可逆圧縮の2つのタイプがある。可逆圧縮(かぎゃくあっしゅく)は、データを復元した際、完全に元に戻る圧縮方法のことをいう。一方非可逆圧縮(ひかぎゃくあっしゅく)は、データを復元した際、可逆圧縮と違い完全に元に戻らない圧縮方法のことをいう。
それぞれ形式も異なり、可逆圧縮の場合、主にLZHやZIP、CABをはじめ、画像圧縮形式のPNGやGIF、音声圧縮形式のWindows Media Audio Losslessなどを指す。非可逆圧縮の場合、JPEGが代表的だが、他にもMPEG-1MPEG-2、音声のWMAやMP3なども非可逆圧縮に含まれる。
圧縮を行う際、圧縮する素材をどうしたいかによって、圧縮方法を変えると良い。もし画像をそのまま綺麗な状態で圧縮したいのであれば、非可逆圧縮よりも可逆圧縮のほうが向いている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る