ネットワーク制御 の 周波数帯域に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

周波数帯域

読み方、または別称:しゅうはすうたいいき

周波数帯域とは、周波数の範囲のことである。単位は、一般的にヘルツで示される。読み方は「しゅうはすうたいいき」。他に、帯域幅(たいいきはば)、帯域(たいいき)、バンド幅(Bandwidth)とも呼ばれる。周波数帯域とは各分野で重要な概念となっており、主に情報理論、電波通信、信号処理、分光法などの分野において特に重要視されている。
アナログ信号においては、周波数帯域は非常に広範囲のものとなる。このとき、信号をフーリエ変換した際にゼロでない値となる周波数範囲の幅が周波数帯域となる。一方、デジタル通信においては、非常に曖昧となっている。
比喩的に使われることが多く、ボーの言い変えとして帯域幅バンド幅といった用語を使用したり、他に転送可能なビットレートである伝送路容量を表すこともある。例を挙げると、ビットレート66 Mbps で32本のデータ線からなるデジタルバス帯域幅は、 33MHz(ヘルツ)、容量は2.1 Gビット/秒を、「帯域幅が 2.1 Gビット/秒」と表すといったような具合である。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る