ケーブル の 同軸ケーブルに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

同軸ケーブル

読み方、または別称:どうじくけーぶる

同軸ケーブルとは、イギリスのオリバー・へビィサイトによって発明された被覆電線の一種であり、不平衡な電気信号を送るものである。テレビや無線機とアンテナをつなぐための給電線用や音声信号、映像信号や高周波信号を送る機械内部などに使われている。身近な所では、ファミコンにも使われた。
ある程度の柔軟性があり、外部へ電磁波がもれにくいことが特徴である。幅広い周波数の伝送ができる。構造であるが円形をした内部導体のまわりに絶縁体をいれて、そのまわりをさらに導体で覆う。そして最後に絶縁体で外部を覆う。絶縁体にはポリエチレンを用いたものが多く、外部導体は銅を細く編みこんだ編粗線が用いられることが多い。精密な測定の場合外部導体に金属箔を用いることがある。
特殊な構造の同軸ケーブルとしてトンネル内のFM放送や列車無線に使われる漏洩同軸ケーブルや、遮蔽特性や対振動安定性に優れたセミリジットケーブル、高電力の通信に使われる同軸管がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る