基盤技術 の 同時マルチスレッディングに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

同時マルチスレッディング

読み方、または別称:どうじまるちすれっでぃんぐ

同時マルチスレッディング(Simultaneous Multithreading)とは、単一CPUによる複数の実行スレッドを同時に実行するプロセッサ機能のことである。同時に実行することで擬似的なSMP環境を提供でき、ハードウェアから見た場合、ソフトウェアの視点からこの技術を見た場合、複数の実行スレッドが単一プロセッサを共有していることになる。
また、“疑似的SMP環境を提供”というのは、SMTの結果であって目的ではない。SMT本来の目的は、プロセッサ内部の各実行ユニットの使用率を上げることである。単一スレッドでは、完全には使われていないプロセッサの内部資源を、複数のスレッドに分配することで、プロセッサが本来持っている並列性を最大限に引き出すことができる。
要するに、システム全体のパフォーマンスを向上させることが、SMT本来の目的になる。SMTは、同時に複数のスレッドを動かす技術で、従来のマルチスレッディングではハザードや命令ごと、またはクロックごとに実行するスレッドを切り替えている。
その為、複数のスレッドを実行できるプロセッサでも、あるクロックサイクルに実行されているスレッドはひとつになる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る