情報科学 の 可読性に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

可読性

読み方、または別称:かどくせい

可読性(かどくせい)とは、読み取れる性質と読み取れる度合いなどを表す言葉で、ジャンルによってさまざまな意味を持つ。自然科学においての可読性は、何らかの測定機器や器具の出力を読み取れる量を表す用語となる。文章における可読性は、“読みやすさ”であることが第一となる。
読みやすい文章は理解や記憶が容易となり、読む速度が速く、連続して長く読み続けられる。よって、文章の可読性は、読みやすさに他ならない。ちなみに読者において読みやすさに影響することは、1.事前の知識、2.読むスキル、3.興味、4.同期の4つが挙げられるが、文章においては1.内容、2.文体、3.デザイン、4.構造が影響する。デザインには、レイアウトやイラスト、書体や色などを含む。
ログラミングにおける可読性は、人間がソースコードのコメント以外の部分を読んだ時に、その目的や処理の流れなどを理解しやすいかどうかを指す。ソースコードを保守するのは人間のため、可読性は重要となってくる。
よって、可読性の低いコードはバグが発生しやすく、重複コードによる非効率を生みやすくなってしまう。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る