情報科学 の 双一次変換に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

双一次変換

読み方、または別称:そういちじへんかん

双一次変換(そういちじへんかん)は英語では Bilinear transformであるが、別の呼称は 双一次Z変換 タスティン変換、台形差分法( Trapezoidal method)である。
双一次変換は、デジタル信号処理での連続時間領域での線型時不変フィルタの伝達関数を離散時間領域での線形シフト不変フィルタの伝達関数に変換するのに用いられる等角写像である。
双一次変換は元のフィルタの安定性を保存し、連続時間フィルタ の周波数応答のすべての点を離散時間フィルタ の周波数応答の対応する点に1対1に写像する。ただしもとの周波数とは少し異なる周波数へ写像される。
単位インパルスでサンプリングされた離散時間信号にラプラス変換を行った場合の結果は正確にZ変換として表されるが、双一次変換はz平面からs平面への正確な写像を行う自然対数関数の一次近似である。連続時間フィルタはその伝達関数の極がs平面上の左半平面にあれば安定であり、離散時間フィルタはその伝達関数の極がz平面上の単位円内にあれば安定であり、双一次変換はs平面の左半平面をz平面上の単位円内に写像する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る