接続 の 半二重に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

半二重

読み方、または別称:はんにじゅう

半二重(half duplex)とは、双方向通信(Duplex)において、通信の向きを時間を区切って切り替え、片方向から交互に送信する方式のことである。双方向通信とは、2つの地点の間で情報をやり取りする方式のことで、複信とも呼ばれる。
また、半二重が片方向から交互に送信するものに対し、双方から同時にデータを送信、受信することが可能な通信方式のことを、全二重(full duplex)という。高速で切り替わる半二重は、見かけは全二重のように見えるが、全二重の方が通信速度は速い。
半二重を使う通信方法の1つとして、プッシュ・トゥ・トークというトランシーバーを例に挙げることができる。これは、2人以上の者が同時に話すと混信が起きてしまうトランシーバーにおいて、それを避けるため、通話する際は片方が話し終わるのを待ち、もう片方が話し始めるものとしている。
また、Ethernetにおいても1本の同軸ケーブルを共有して通信を行う10base2や10base5などの場合は、データを送信したいホストが、ケーブルに空きができるのを待たなければならない。これも、複数台のホストが同時にデータを送信し、コリジョン、すわなち通信の衝突や混信が起きることを避けるためである。
他に、リピータハブを使った10base-T/100base-TのEthernetなどといった高速通信も、半二重の通信である。一方、全二重である通信は、スイッチングハブを使った通信となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る