パソコン用語辞典 の 割り込みに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

割り込み

読み方、または別称:わりこみ

割り込みとは、現在実行している処理を一時的に保留し(中断)して、別の処理を優先して行うことである。
割り込みについて、割り込みを要請するものがプログラムの場合、ソフトウェア割り込みといい、対して割り込みを要求するものが周辺機器などの外部装置である場合は、ハードウェア割り込みという。
現在、大抵のCPUは、割り込み処理を行う機能を備えていて、例えばハードウェア割り込みの場合、キーボードマウスなどからの要求や、外部装置からのデータ転送要求が起こり、その要求の優先度が高い場合は、CPUは実行している最中のプログラムを一時退避させて、機器の制御に必要な処理などを実行する。
その後、割り込みの処理が終了すると、退避させたプログラムを、退避させたところから再開する。対して要求の優先度が低い場合は、実行中のプログラムが終了してから、要求に応答する。
一方、ソフトウェア割り込みは、オーバーフローや0除算などのエラーを起こしたときなど、実行中のプログラムが発生させるもので、この場合は処理を中断して適切な対応を行われる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る