リムーバブル の 光磁気ディスクに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

光磁気ディスク

読み方、または別称:ひかりじきでぃすく

光磁気ディスク(ひかりじきディスク、Magneto-Optical disk)とは、記録媒体の1つで、赤色レーザー光と磁場を用いて磁気記録を行い、レーザー光を用いて再生を行うものである。MO(エムオー)またはMOディスクと略す。機能的なものは磁気ディスクと似ているが、記録層が常温でほとんど磁化されず、これを熱して磁化するという点が特徴的である。
記録の際には、光の強度を変化させ、光変調方式と磁界変調方式を用いる。磁界変調方式では、1.メディアの磁性層に高出力のレーザ光を照射し、磁性が失われる温度以上まで加熱する、2.レーザで照射された部分が冷え始めたら、電磁石により記録層と垂直方向の磁界を与える、3.磁性体が十分に冷えたら、完全に保持される。
レーザで照射された部分の冷え始めは、レーザ光から離れて磁性を記録保持できるまでの温度となる。1から3を繰り返すことで、磁性体にN極とS極の磁性が記録される。一方光変調方式は、一定磁界・高出力レーザ光で記録層の磁力を同じ方向に揃え、初期化・磁界の反転を行い、記録したい部分を光で加熱し磁気反転させ、記録を行う。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る