情報科学 の 光回線終端装置に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

光回線終端装置

読み方、または別称:ひかりかいせんしゅうたんそうち

光回線終端装置とは、自宅などに光回線を引き込んだとき、光通信ネットワークの終端である部屋などに設置する装置のこと。
光通信を利用するには、事業者側と加入者側の両方に終端装置を設置しなければならない。加入者側で設置するのは光ネットワークユニット(Optical Network Unit/略称:ONU)で、これは光回線終端装置と同じ意味である。対して事業者側ではSLT (Subscriber Line Terminal)、またはOLT (Optical Line Terminal)といった機器が利用される。光通信利用の工事にあたっては光回線終端装置の設置は業者によって行われる。
光回線終端装置は、光信号と電気信号の変換と、光信号の多重と分離を行うデータ回線終端装置で、インターネットを利用するには、光回線利用の工事後、独自に回線終端装置とパソコンの間をLANケーブルで接続する。このとき複数のパソコンでインターネットを利用する場合はブロードバンドルータハブなどを使ってそれぞれをLANケーブルで接続する。
なお、無線LAN対応機器を使用すれば、回線終端装置から離れた場所のパソコンからインターネットを利用することも可能。その場合は回線終端装置に、無線LAN対応ブロードバンドルータを接続し、パソコン側には無線LANカードを利用する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る