通信業界 の 光収容に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

光収容

読み方、または別称:ひかりしゅうよう

光収容とは、加入者宅とNTT電話局の間の一部区間で、アナログ電話回線・N-ISDN、またはアナログ・低速デジタル専用線などを多重化して光ケーブルに収容し、使用することである。
例えば、電話局からビルまでは光ファイバで結ばれているが、ビルの中の回線はメタル回線になっている場合などが該当する。
ADSLは途中に光ファイバが入っていると使用できず、全経路メタル線でなければならない技術であるため、光収容加入者は、空いているメタル回線が空いていない場合はADSLの工事はできない。また、ビルやマンションなどの集合住宅で光ケーブルのみが引き込まれているなどは、切り替えが不可能なため、ADSLが利用できない。
現在、幹線部分のメタル通信線路の新設が停止されているため光収容加入は増加しており、ブロードバンド回線が引けない問題は、都市部などにおいてはCATVのインターネットサービスなどがある程度普及していることから問題が少ないが、ビルやマンションなどの一部など、場所によっては切替ができない問題が発生することがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る