ファイル形式 の 信号処理に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

信号処理

読み方、または別称:しんごうしょり

信号処理(しんごうしょり)とは、光学信号や音声信号など、さまざまな信号を数学的に加工するための学問や技術のことである。アナログ信号処理とデジタル信号処理に分けられ、基本的に信号から信号へと変換する。その為、信号と別の形式になる情報を得るものではない。
圧縮も含まれないことが多いが、認識や理解、圧縮の前段階としての信号の変換は、信号処理と呼ばれることがある。こういったことから、信号処理はこれらの技術において重症性が高いことが分かる。また、入出力が同じ種類の信号である場合、フィルタリングと呼ばれる場合もある。
信号処理は、「音響技術」「画像処理」「音声処理」「動画処理」「医療技術」「通信」「天文学」など、さまざまな応用がある。例としては、ノイズの載った信号から元の信号を推定するためのノイズ除去や、時間的な先の値を推定する予測、時間周波数解析などを行う直交変換、特定の周波数成分のみを得るフィルタなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る