行政/政策 の 住基ネットに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

住基ネット

読み方、または別称:じゅうきねっと

住民基本台帳ネットワークシステム、通称住基ネットは、日本の地方公共団体と行政機関で一人ひとりの国民を特定する情報を共有し、利用することを目的としたシステムであり、いわば国民総背番号制のようなものである。
住基ネットでは、市区町村の住民基本台帳に記録されている者に11桁の住民票コードが割り当てられるが、総務省のe-Japan重点計画の一環として稼働を開始した。
住基ネットは全国の市区町村、都道府県、全国センター、および行政機関を結んで構成され、全国センターは地方自治情報センターが運営している。
コミュニケーションサーバ (CS)が設置され、既存の業務ネットワークと住基ネット回線に個別のファイアウォールを通して通信が行われる。また、検索用端末との通信で住基ネットにある情報を検索・表示することができる。
全国センターには、業務/DBサーバと情報提供サーバがあり、業務/DBサーバは、住民票コードを割り当てられた者全ての情報を保持し、情報提供サーバは行政機関からの検索に対して情報を提供する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る