コンピュータシステム の 今昔文字鏡に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

今昔文字鏡

読み方、または別称:こんじゃくもじきょう

今昔文字鏡(こんじゃくもじきょう)とは、Windows用の漢字検索ソフトと印字用フォントを組み合わせた、入力・印字を行うアプリケーションソフトウェアである。エーアイ・ネットが開発と販売を行っているが、単漢字15万字版までの商品・インデックスフォントは、紀伊國屋書店が販売を行っている。最新版は、17万字以上。
前途の通り、漢字を中心とした大規模な文字集合をパソコンで扱うもので、日本語Shift JISのコードポイントに諸橋轍次編の「大漢和辞典」の全収録字、簡体字、方言字、甲骨文字などの漢字やチュノム、水族文字、梵字、西夏文字、変体仮名などの文字グリフを割り当てたフォントを複数用意している。利用には、フォント名を切り替えながら表示するシステムを用い、印字に使いたい場合は、フォント指定できるワープロソフト上で入力し使用する。有償の検索ソフトでは、漢字の部品、読み、画数などを用いた検索や篆書体フォントも添付されている。また、別売りで楷書フォントもある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る