情報科学 の 人工知能学会に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

人工知能学会

読み方、または別称:じんこうちのうがっかい

人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence)とは、人工知能の学問研究を進めることを目的としている社団法人の学会。情報の交換や共有、研究に関する交流などが行われている。
人工知能という技術の進歩とそれによる世界的貢献を目指している。1986年7月に創設され、1990年9月に社団法人となる。2008年3月の時点で会員数は約3,100名。人工知能に関する基礎的な論理や知識、また他の分野への応用なども含めて、人工知能の学問研究に興味を持つ人を会員として多く募集している。
主な活動に、「人工知能学会誌」を年6回発行すること、「人工知能学会論文誌」を年1 回発行することがある。内容は、会員から投稿された論文や、専門家による人工知能の基礎から応用また他の分野とも関わって書かれている解説講座などである。
年に一回のワークショップや全国大会、シンポジウム、セミナー、講演会も行っている。人工知能学会に関連する学術団体へのサポートも行っており、活動の活性化を図っている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る