ITと社会用語辞典 の 二進法に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

二進法

読み方、または別称:にしんほう

二進法とは、2を底として、これとその冪を基準にして数を表す方法のことである。桁が1つ移動すると、値の重みが2倍、もしくは1/2倍となる。読み方は「にしんほう」、英語では「バイナリ(binary)」という。バイナリとは、2つ1組など、二単位を意味する。
二進法を用いることにより可能となることは、0と1の二種類の数字のみを用い、さらに負号と合わせることで、0を含む任意の自然数や整数を表したり、小数点を合わせることにより、実数を4種類の記号のみで表したりすることである。
二進法を使用するにあたり、最も最適とされるのは、集積回路などのデジタル回路、ハードディスクなどの磁気ディスクにおいて、電圧の高低、磁極の N/S など、二値の物理現象を用いる場合である。コンピュータの内部で数値を表現する場合、十種類の内部状態を区別しなければならない十進法を用いると、機構を複雑にしてしまう。
そのため、現代のデジタルコンピュータは通常、0と1のみによって数値を表現できる二進法を採用している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る