情報科学 の 乗算器に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

乗算器

読み方、または別称:じょうざんき

乗算器(じょうざんき)とは、2数の乗算を行うためのハードウェア回路のことである。#デジタル乗算器と#アナログ乗算器があり、前者はデジタルの乗算を実行する回路のことである。CPUの実行ユニット内にALUとして実装されていることが多く、実装するにあたってさまざまな技法が考えられる。
一方後者のアナログ乗算器においては、アナログに乗算を実行する回路のことで、周波数帯域の変換などに用いられている。一般的な実装方法は、A*B=exp(log(A)+log(B))となる。 デジタル乗算器における符号付整数の場合、bが符号付整数とすると、部分積を符号拡張した上で足し合わせなければならない。
aが符号付整数であった場合は、部分積のp7を足さずそれ以外の合計から引く必要がある。このように、乗算器を2の補数で符号付整数で扱えるようにするには、足し合わせる際に一部の項を逆転させ、p0とp7の左端に1を補わなければならない。
この時、マイナス記号の意味に注意する必要がある。これは、符号の反転ではなく、ビットの反転となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る