データベース の 主キーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

主キー

読み方、または別称:しゅきー

主キー(primary key)とは、関係データベース(リレーショナルデータベース)において、レコードの識別子として利用するための、テーブルごとに選択・定義する候補キーをいう。
主キーに設定されたフィールド(項目)は、レコードの重複ができない。そのため個々に設定する必要があり、重複が許されない管理番号や従業員の番号などが入力されているフィールドに主キーを設定すると、重複を回避することができる。
また、主キーの設定を行った場合、そのテーブルでは主キーを持たないレコードは存在できない。主キーは1つのフィールドだけに設定するわけではなく、複数のフィールドを組み合わせて主キーに設定することができ、一般的に通し番号などが入力されているフィールドに設定する場合が多い。
なお主キーの設定は必須ではなく、他の候補キーを使うこともできるが、リレーショナルデータベース管理システムやミドルウェアなどで、アプリケーションなどで識別子が必要な場合に、そのわかりやすさなどから多く使用される。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る