法制/犯罪 の 不正アクセス禁止法に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

不正アクセス禁止法

読み方、または別称:ふせいあくせすきんしほう

不正アクセス禁止法(ふせいアクセスきんしほう)とは、インターネットなどのコンピュータネットワークなどでの通信において、不正アクセス行為と、その助長行為を規制する法律である。
正しくは、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」(ふせいアクセスこういのきんしとうにかんするほうりつ、平成11年8月13日法律128号)となる。「不正アクセス禁止法」は略称である。
不正アクセス禁止法の目的は、言葉通り不正アクセス行為の禁止とともに、その罰則・再発防止のための都道府県公安委員会による援助措置を定めている。同時に電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪防止及びアクセス制御機能によって実現される電気通信に関する秩序維持を図っている。
高度情報通信社会の健全な発展に寄与することである。ただし、本法の処罰対象は故意犯であり、過失犯や未遂犯は対象外になる。ACCS裁判の判決によると、Webサーバーへのファイルアクセスに通常は認証機能のFTPを用いる場合、それらが備わっていないHTTP経由でアクセスした場合、認証機能を迂回したとして不正アクセス行為に当たる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る