メモリ の 不揮発性メモリに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

不揮発性メモリ

読み方、または別称:ふきはつせいめもり

不揮発性メモリ(Non-volatile memory)とは、電源の供給を行わなくても記憶を保持されるメモリのことである。逆に電源の供給を行わないと記憶が保持されないメモリ揮発性メモリという。
半導体メモリはいくつかの種類があるが、SRAMやDRAMといったメモリ揮発性メモリであり、電源の供給が行われないとデータを保持することができないが、絶縁体で囲まれた電極に電荷を保持したり、物質自体に電気を持たせることで、電源が供給されなくてもデータを保持できるようになっている。
不揮発性メモリには読み込みだけのメモリであるROMやフラッシュメモリがあり、そのROMには製造時にデータが書き込まれているマスクROMや一度だけ情報を書き込めるようにしたPROM、書き込み・消去可能なEPROM、電気的に消去可能なEEPROM、電圧を加えると物質内の自発分極の方向を変化させるFeRAMといったいくつか種類がある。
不揮発性メモリは主記憶装置には利用されておらず、補助記憶装置や長期保管用ストレージに多く使用されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る