情報科学 の ヴォコーダーに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ヴォコーダー

読み方、または別称:ぼこーだー

ヴォコーダー(英語でvocoder)とはヴォイス(voice)とコーダー(coder)をつなぎ合わせた造語で、一種の電子楽器やエフェクターであり、時にはシンセサイザーの一種に分類される。
本来は通信用の音声圧縮技術であり、携帯電話などで使用されているが、音声の波形をパラメータ化して送り、受信側ではパラメータから元の音声を合成する。なお、音楽用のヴォコーダーはこの技術を応用している。
ヴォコーダーは言葉や効果音を楽器音として扱うことが可能で、言葉をマイクで入力し、弦楽器などの楽器の音に置き換えて合成するため、その言葉を聞き取ることができ、独特な機械的な声や楽器の音として和音で喋っている声のように使われることが多い。
なお、ヴォコーダーの分かりやすい使用例としては、ロボットボイスがあるが、イエロー・マジック・オーケストラは、ライブステージでの喋りをボコーダーボイスで行っている例のひとつである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る